一貫対応・一貫保証による試作部品製作のサンプル

こちらでご覧頂く製品は、吉川製作所がかつて手がけた「開発試作品」の、ほんの一部です。
開発試作品」という性質上、近年・現在取り組んでいる最先端の案件は、お見せすることができません。

砂型鋳造・石膏鋳造による一貫製作、ブロック材からの総切削、各種加工・処理、サブアセンブリまで
吉川製作所に蓄積されている「試作技術」の一端を、ご紹介します。

当画像の著作権は、全て有限会社吉川製作所に帰属します。
Copyright @ YOSHIKAWA SEISAKUSHO Inc. All rights reserved.

【テーマ別 対応事例】

 鋳造か? 総切削か?

 多面加工が必要な鋳造品・・・

 複雑な工程・精密な治具が必要・・・

 特殊な加工対応が必要・・・

 総切削は、もちろん

 鋳造でなければできないものも・・・

 小物の試作も、様々な手法で・・・

鋳造か? 総切削か?

同一の製品であっても、案件の状況(台数・納期・コスト)によって、最適な試作手法は千差万別です。
吉川製作所では、案件に最適な試作手法のプランニングからお手伝いいたします。

鋳造による対応事例
砂型鋳造→精密加工→リークチェックまですべて対応
横型MCにて深さ300mmのボーリング加工、および
ローラーバニッシュ加工が必要です。

総切削による対応事例
本来であれば鋳造を適用すべき製品ですが、
台数1台のみの案件で、ブロック材から総切削により製作。

多面加工が必要な鋳造品・・・

鋳造品の加工は、吉川製作所がもっとも得意とする分野です。
5軸マシニングセンター・複合加工機などを最大限使用し、ワンチャックでの精度向上・効率改善を図ります。

一貫対応品の事例
砂型鋳造→精密加工→リークチェックまで対応
5軸加工機による多面加工がもっとも適している形状です。

一貫対応品の事例
砂型鋳造→精密加工まで対応。各加工面・孔の位置関係が
シビアであり、ワンチャックでの加工が必要です。

複雑な工程・精密な治具が必要・・・

案件によっては、工程を細かく分け、汎用工程も取り入れて設定することが、効率改善に繋がるものもあります。
そのためには、工程間の精度への影響を考慮に入れ、非常に精度の高い治具が必要になります。
多岐にわたる工程設定・治具設計すべてにおいて、蓄積されたノウハウが駆使されています。

砂型鋳造品の加工事例
工程数 10 (汎用工程含む)
加工箇所すべてにミクロン台の公差を要する加工です。

砂型鋳造品の加工事例
工程数 13 (汎用工程含む)
φ10長さ200mmのバニシングリーマを要する加工です。

特殊な加工対応が必要・・・

単品加工後、サブアセンブリを施しての、共加工。 加工形状だけでなく、容積管理も求められる製品。
吉川製作所の対応保証は、単なる製品・加工保証にとどまらず、様々なオプションを提供できます。

サブアセンブリ・共加工の事例
高精度の単品加工後、組み付けを行った状態で、共加工。
φ20〜36mmのバニシングリーマを使用しています。

容積管理が必要な事例
砂型鋳造からの一貫対応品ですが、3D形状のヘッド部分は
容積の管理をしながら加工を進め、容積値も保証しています。

総切削は、もちろん

アルミニウムのみならず、マグネシウム・ステンレス・鉄・真鍮・銅などの金属素材、ナイロン・ポリアセタール・
ABSといった樹脂材から、チタン等難削材に至るまで、総切削対応いたします。。
また、ADC12等のアルミダイカスト材、またHT-1、DMSといった高熱伝導ダイカスト材を鋳造にてブロック材に成型し、これを総切削対応することも一貫対応可能です。

総切削対応の事例
ダイカスト材を使用した総切削対応も可能です。

総切削対応の事例
短納期・少ロットの試作品製作には最適です。

鋳造でなければできないものも・・・

砂型鋳造、石膏鋳造、それぞれの製法でなければできない案件があります。
吉川製作所は、それぞれの持ち味を生かした製品を、一貫対応・一貫保証にてご提供いたします。

砂型鋳造特有の事例
中子が砂であるがゆえ、製作可能な形状があります。
金型ではできない形状も、砂型であれば可能になります。

石膏鋳造特有の事例
石膏鋳造は、薄肉形状(ヒートシンクなど)に最適です。
肉厚なんと0.7mmまで、鋳造で製作することができます。

小物の試作も、様々な手法で・・・

小物であっても必ずしも総切削ということではなく、案件にあった手法を活用いたします。
また、放電、ワイヤーカット、研磨、熱処理、表面処理も含め、インテグレーターとして一貫対応が可能です。

小物の鋳造対応事例
製品形状や台数によって、試作手法はさまざまです。
最適な手法を、選択・提供いたします。

放電・研磨を活用した事例
複数の協力メーカーを行き来する案件は、納期・品質・製法の管理が
煩雑です。吉川製作所がインテグレーターとして機能します。